バストを揺らしてはダメ!バストを残して痩せる方法

ダイエットに成功して体重は落ちたけれど、バストが小さくなってしまったという経験はありませんか?
バストの9割は脂肪で心臓の近くにありますから体温が高く、脂肪燃焼効果が高い部分です。

また、お腹やヒップなどの脂肪と比べるとバストの脂肪はとても柔らかいので、真っ先にエネルギーとして使われてしまいます。
これらの理由でダイエットするとバストから痩せてしまうのです。

しかし、バストをしっかりと残して痩せる方法があります。
それは、バストの脂肪を燃焼させないように予防して、バストアップには欠かせないクーパーじん帯にダメージを与えずにダイエットする方法です。

まず、バストは揺れたり動いたりすることで脂肪が燃焼しやすく、バストを支えているクーパーじん帯も伸びやすくなります。
そのため、上下に激しく動くような運動でのダイエットは禁物です。

縄とびやジョギングなどはバストをしっかり固定していても揺れやすいですから、別の運動を行うようにしましょう。
ゆったりとした動きのヨガやバストを揺らさないウォーキングなどが適しています。
その際にも必ずバストをしっかりと固定できるスポーツ用のブラなど着けて、バストを揺らさないように行いましょう。

また、食事制限で栄養が減ってしまうとバストから使われてしまいます。
栄養不足にならないようにしっかりと食事を取りながら、女性ホルモンのエストロゲンを増やす食品を取り入れていきましょう。

大豆製品のイソフラボンやエストロゲンの分泌を助けるポロンは積極的に取るようにしましょう。
ポロンはキャベツやレタス、ブロッコリーに多く含まれています。

サラダなどにしてしっかりと取ることで、女性ホルモンの分泌を促す作用があります。

たるんだバストの脂肪の大きさを減らす方法について。

女性にとってバストは大きいほど魅力を感じるものと思われていますが、いかに大きいといえどもたるんだ状態では大きくても見た目がよくないと思えてしまうものです。なので胸が大きいという場合でもかえってコンプレックスになることがあるのです。

 

たるんで大きくなったバストについては、その原因によっては自分で脂肪を減らしてバストを見た目がいい状態にすることが可能です。例えば体重の増加によってバストも大きくなることがありますが、この場合はダイエットをすることである程度バストの脂肪を減らすことが可能です。

バストの脂肪を減らす運動については食事制限を行うよりも運動をする方が適していて、上半身により効果のある筋トレなどの運動をするのが最も適しています。

ただし筋トレは一定の環境が必要であったりある程度の体力がないと簡単にはできないため、普通に何かしらの運動をするだけでも十分にバストの脂肪を減らすダイエットができるものです。

特に普段運動をしていないという人にとっては無理に運動をするとすぐに挫折したりケガをしてしまうことになるため、外を散歩したりすることから始めても問題ありません。

 

歩くだけでも腕を振ったりすることから十分に上半身の運動ができるということで、散歩を長く続けていけばバストの脂肪を減らせるものです。

そして運動をしてまだ余裕がある、もしくは運動だけでは思うように効果が出ないという場合には、普段の食生活を見直して脂肪を新たに付けないようにすればより効果的にバストの脂肪を減らして形のいい状態にすることが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です